収益の使い方を目的別に徹底解説!|Wワーク専門求人サイト w-work
 

収益の使い方を目的別に徹底解説!

2019/01/25

ダブルワークで安定した収入が得られるようになってきたけれど、収益の使いみちはどうしよう…。

収益が上がれば上がったでこうした悩みを抱えてしまうものですよね、本業以外に収入を得ているダブルワーカーの皆さんはどのように収益を使っているのでしょう。

私はライティングで本業を超える額を稼いでいますが、書籍やカフェ代に消えてしまいます。

知り合いにはダブルワークの収益は全額貯金に回している、という堅実な方もいますし、週に一度の回らないお寿司代にしているという方もいました。

選ぶ仕事もそれぞれなら使いみちもそれぞれなのですね、面白いものです。

今回はあなたが「ダブルワークを始めた理由」から逆算した収益の使い方をおすすめしていきます。

読み終わる頃にはもうお金の使いみちに迷うことはなくなるでしょう。

せっかくの収益、ぜひ有意義に使って人生をより豊かにしていきたいものですよね。

まずは「自分のスキルアップ」のためにダブルワークを始めた方におすすめの使いみちをご紹介します。

スキルアップのためにダブルワークを初めた方には「自己投資」がおすすめ!

自分の本業だけでは得られない経験をしたい、自分の能力を更に伸ばしたい、という野心家のあなたには「自己投資」をおすすめします。

例えば本業の資格や知識を活かしたコンサルティングやライティングを行っているような方は、さらに知識や経験を得るために収益をつかうと良いでしょう。

私もそうですが、自分の手元にある知識や経験をアウトプットする副業を選んだ方はある程度の稼ぎを得ると「頭打ち」になる瞬間が来ます。

それはつまり現状の自分の手持ちの知識や経験ではここまでしか稼げない、という限界が訪れていることを意味します。

その限界はある程度小手先の技術や付け焼き刃の知識でも伸ばせますが、その副業を今後も続けるつもりなのであればインプットがかなり重要になってきます。

時代の変化に取り残されないためにも最先端の技術や知識を追うのは必須ですし、未だ自分が明るくない分野について勉強したり、資格を取得したり、研鑽を積むことで限界はどこまでも引き上げられます。

例えば経営コンサルティングを行っている方であれば、資格予備校に数十万円を払って中小企業診断士の資格を取得することで、箔がつくだけでなく横の広がりがぐんと広がります。

コンサル以外の仕事を受注するチャンスにもつながるでしょうし、人脈も広がりますので魅力的な投資と言えるでしょう。

他には、伝える技術をより本格化させるために傾聴スキルを磨くセミナーに参加したり、文章力を磨く勉強会に参加したり、本を購入したり、科目履修生として大学に通うのも良いでしょう。

それ以外にもお金を使えばスキルをアップさせる方法は見つかるものです。

自分の興味が湧くものや今後重要になりそうなスキル、知識に対して先見の明を研ぎ澄まして投資することで、さらに成長することができます。

起業したくてダブルワークを初めた方

将来的には今の事業を本格化させて起業したい、という大志を抱いている方も少なくないでしょう。

実際、起業するためにまずは副業から始めるというのはとても有効な手段で、リスクが少ないまま経験や実績を積めるのでサラリーマンからの起業として最善手であると思います。

起業を考えているのであれば、まずは起業した後の生活を思い浮かべましょう。

今は本業によって社会保障や税金の源泉徴収を受けていますが、起業したり個人事業主になるということはそれらの保障が一切なくなり自力で生きていくということです。

現在自由に使えている収益から経費を差し引き、毎月自分が食べていく程度の利益を出し、存続させ続けなければいけません。

うまくいかなければいきなり路頭に迷ってしまう可能性もある、サラリーマンとは違ったリスクを持つ道を選ぼうとしているのです。

今のうちにしっかり見通しをたてておくのが重要なのですが、どの程度の売上予測や費用を考えればよいのかわからない方も多いでしょう、なかなか現実味を帯びませんよね。

そんなとき、起業に踏み切って成功するか否かを客観的に判断する有効な方法があります、しかも無料で。

それは国庫の創業融資が通るか否か、です。

まず創業計画書を入念に作り込むことから始めましょう。

その時点で苦労することはありますが、それは起業する上で足りない部分が浮き出てきている証拠です。

作り上げたら、それを実際に提出して審査を受けてみます。もちろん、融資を受ける必要はありません。

大切なのは、これまで何百という融資の可否を担当してきた担当者の厳しいチェックを通るくらいに見込みがあるか否かを無料で知れるということ。

もし自己資金が足りなすぎる、という指摘を受けるようであれば、副業で得た収益をどんどん貯金に回しましょう。

他にも、チェックが入った部分について修正をしながら、副業に取り組みましょう。

この方法を使えば、実際に事業を回しながらプロのコンサルを無料で得られるという一挙両得な結果が手に入ります。

起業を志す方は自分の計画を見直しつつ、夢に近づいていってほしいと思います。

生活費を稼ぐためにダブルワークを初めた方

日々の暮らしで使うお金を捻出するためにダブルワークを始める方も多いでしょう。

そうした場合は遠慮なく、収益を生活費に組み込んでしまいましょう、そのために働いているのですから罪悪感を覚える必要はありません。

しかし、ダブルワークの収益が増加するか、本業の給料が増えるか、支出が減るか、どれか一つが達成されないことには今の状況は変わりません。

生活費に収益を投入するのは構いませんが、ぜひ今後の生活についても考えてみてください。

おそらく最も簡単な方法としては支出を減らすことと、ダブルワークの収益を増やすことでしょう。

うまく節約しつつ収益を増やし、すこしずつ余裕が生まれるように生活を改善していきましょう。

まとめ

ダブルワークで得た収益の使い方について、始めた理由から解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

冒頭でも述べたように、ダブルワークとして選ぶ職種も様々であれば収益の使いみちも様々です。

いずれの用途を選んだとしても、ダブルワークを通してあなたの人生がよりよくなるように心がけてほしいと思います。

ご覧いただき、ありがとうございました。